Art Here and Now
今、世界中で作り出されている斬新な創造性を紹介するブログ
地域 > アジア > 日本
Categories: 日本

青森県の田舎館村の村民は、1993年にそれぞれ成長したときの色の違う4種類の稲を使い田んぼに巨大な絵画を描き始めました。
これは、時をおって撮影した絵画の成長過程です.

農家の人たちは、コンピューターを使いデザインを作り、どこにどの種を植えるのか決定していきました。
近くからの眺め
それ以後日本の他の地域、(さらに外国でも)同じような作品が作られるようになり、 それと同時に、田舎舘の作品はさらに複雑になり、洗練されて入った。 農家との取り決めにより作品は、複数の田んぼにまたがって作られるようになりました。
パラグライダーからの眺め

地上から

関連記事

Homegrown Art(英文)–ジャパンタイムズ
青森県南津軽郡田舎館村 –ウキペディア
How to Farm a Great Work of Art –サロン
田舎舘村公式ホームページ